訪日外国人 人気「投稿スポット」、テーマパークはTDLじゃない!?

通常コラム記事

 この数年、訪日外国人観光客は年々増加。2018年は3119万人(政府観光局調べ)で、過去最高を記録した。
 
 デジタル時代の旅行は、その途中や目的地でスマートフォンから、SNSを使って情報発信するのがトレンド。外国人観光客らのSNS投稿を解析してわかった発信地点ランキング「インバウンドレポート2018」を、調査会社のRJCリサーチ(東京都新宿区)が発表した。
  
 訪日外国人旅行者の消費行動は、中国人観光客らの爆買いが鳴りを潜め、「モノからコト」へと広がっている。
 
 発信地点ランキングは、データ解析事業のナイトレイ(東京都渋谷区)が提供する訪日外国人のSNS解析ツール「inbound insight(インバウンドインサイト)」によって解析したデータを基に、RJCリサーチが訪日外国人のクチコミ発信地点情報を中心に集計し、分析した。
 
 分析対象のSNS投稿数は8万3165件で、アカウント(投稿者ID数)は1万5877人分。場所情報やテキスト、イメージの有無などでインバウンドインサイトを使ってスコア化(総数18万6616ポイント)して、その多い順にランキングした。
 
 ランキングによると、「観光・レジャー部門」の1位は、大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)だった。2位に千葉県浦安市の東京ディズニーランド(TDL)、3位は京都市の伏見稲荷大社。4位がTDLに隣接する東京ディズニーシー(TDS)、5位は大阪城だった。
 
 6位に東京タワー、7位が明治神宮、8位に東京スカイツリー、9位が奈良公園、10位は京都市の「竹林の小径」――だった。
 
引用:J-CAST



こちらもおすすめ
×
SEARCH

転貸物件検索

  • フリーワード

  • 都道府県

  • 路線

  • 最寄り駅

  • 賃料

  • 間取り

  • 面積

  • 駅徒歩