中国版Airbnb、民泊物件に顔認識システムを設置

通常コラム記事

民泊仲介サービス世界最大手「エアビーアンドビー(Airbnb)」の中国版「シャオジュー(小猪)」は、80%の民泊物件に顔認識システムとスマートロックを取り付ける予定だ。「サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)」紙が報じた。
 
増加する訪日外国人観光客に日本は対応できるのか 日本の民泊事情とAirbnb
現在、「シャオジュー」は、中国国内のほぼすべての大都市で50万件の物件を提供している。また、「シャオジュー」は今日、成都市の民泊物件で顔認識技術のシステム設置をテストしており、将来的には、中国のすべての都市でこのモデルを拡大する予定だ。
スマートロックの設置は住居の安全性を高め、マンションの所有者がリモートで部屋を貸し出すことを可能にする。これにより、ゲストが家の近くで鍵を探したり、必要な時に家の所有者と連絡が取れないことから解放される。

引用:Sputnik Japan



こちらもおすすめ
×
SEARCH

転貸物件検索

  • フリーワード

  • 都道府県

  • 路線

  • 最寄り駅

  • 賃料

  • 間取り

  • 面積

  • 駅徒歩